Admin New entry Up load All archives

NII_Hanzの日記。

スバルの思い出。 

現在もそうですが昔からスバルのクルマが好きな人を
スバリストとか呼んでおりました。

自分が初めてレガシイに乗ったのは23年前。
 平成元年式のレガシィRS。
  大人しいセダンタイプ。
   まず4枚ドア。
    それまで2ドアで通してきたのですが家族増えると4枚の方が便利ですので。
     着座位置がタイトでない事。
      もうそんなに飛ばさないと思いましたので。

同じアパートにとまっているカリーナEDと比べても天井高さ・シート高さは高かったですな。
 個性的な4駆であり、曲がりやすい4駆。

仕事でレオーネバンを使用しておりました。
 FFの時はいいのですが4駆にした途端にタイトコーナーブレーキング!!
  4駆は非常時ってのが通常の考え方だった感じがします。
   
代車で車高が調整できるレオーネに乗った事もありましたが
 当時、根本的にスタイルがスバルしておりましたので
  敬遠がちでしたな。
 

しかしCMでみたレガシイがカッコよくて。
 4枚ドアでバックも大人しいのですが、何かかっこいい。
 パワーも当時は1L当たり110馬力超えはすごい事でしたな。
  今ならNAで超えてしまっておりますが。  
   4枚ドアならこれと決めておりました。
   

中古を探して、見つかったのがレガシイRS平成元年型。
 タイヤはイボイボ。
  フォグも無く。
   ステアリングもMOMOですが違うもの。
    マフラーエンドは筒状態。
     いわゆる、RS-TYPE RA仕様。
       サス・ショックもSTiの物に変わっておりました。
キャプチャ
サイドのステッカーは実は自分が後で付けましたがw。

室内は普通でしたので、とりあえずフォグとタイヤは換えてもらって
 普通に乗れる状態にしてもらって愛車となりました。
  ダートのイボイボタイヤは結構な騒音なんで。
   
キャプチャ2
室内もこんな感じ。
MOMOの3本スポークに換わっておりました。

キャプチャ3
エンジンルームもそう。
 余計なカバーは無いし。
  リアエンブレムもよくみると-RAの文字の跡があるし。



キャプチャ5
このワゴンが出てから、ライトバンってイメージからワゴンへと変わっていきましたな。

キャプチャ4
しかし、ワゴンはマイナー後のこの穏やかな目の方が合うんですよ。
 セダンは初期の吊目が合うのですが。
  しかしこのワゴンはリアもいいデザイン。
   売れても不思議はないですな。


しかし初めての2000ccクラス。
 おまけに初めてのターボ。  
  初めての4枚ドア。
   だったんですが、結構壊れました。
    
オルタネーター、燃料ポンプ。
 2速ミッション砕け。
  クラッチ滑り。
  
 ミッションの時なんか1月1日の夕方。
  悲しかったですな。
   家族みんなで山の中でJAFを待ちました。
     

確かに曲がりやすい4駆ではありましたが雨の日の高速コーナーは
 アンダー・オーバーの繰り返しでどうにもなりませんでした。
  団地の合間を走るとわかる不当長のドロドロ音。 
    しかしBCは今見ても新鮮ですな。
 

 当時最大馬力のパワーですが、よく本見てると「レッドまで一気」とかの表現があります。
  7500からがレッドですがおいしいのは6500までですな。
   「一気」の表現は今でも納得がいかないのですが。
    
当時からKS-ROMは話題でした。
 レガシイはECUでブーストがアップできると。
  当時ブースト1.2まで上げる事が可能と言っておりましたが
    オクも当時は無いし、金も無く。
     壊れた部品交換するだけでやっとでしたのでイジル事はできす
      全くノーマルで終了しましたな。



しかし当時は職人的な人が多かった様に思います。 
 スバルの工場ですが。
  話がメカメカしくて、流用に関する質問も答えてくれるし。
   デイーラーですが中古部品もあるものについては揃えてくれるし。
    最近は変わりましたな。
     もはやBHなんかはイジル気が無いみたいですな。
      インプレッサにしても、もはや丸目のインプレッサも止まってないし。

扱うのはハッチバックインプレッサ以降になってる感じですな。
残念な事です。
  豆知識ですが、BCってボンネットが90度真上にあがるんですよ。
   従ってツッかい棒を使用しなくていい。
    エンジンいじるのが楽なんですよ。
     しかし固定されていないので、風には気を付けなければいけませんが。   


  
スポンサーサイト

category: BHの部屋

CM: 0 TB: 0   

本日雨ですな。計画変更です。 

やはり予報通り本日雨です。
ターボホースの計画変更です。

 前々から思ってたワイパー。
  まあ、ワイパーチューニングでは無いのですが。
   以前雪が降った時、ガラスの雪を落とさずに無理やりワイパー動かしたんですよ。
    すると何か変な状態に。

コレが普通だと思います。
P1100403.jpg



それがこんな風に。
P1100405.jpg
端っこまで拭いてる状態。
で、これが走行中動かすと変な音を出すんですよ。
 バッタンバッタンって。
  おまけにワイパーの端っこは外れるし。
   金具をペンチで少しかしめてからは外れなくなったんですが。
    やはりうるさい。
勿論うるさいのは雨の日のみなんで放置してたんですが。
 やはり煩い。

雨降ってますんで、バイパス高架の下にて作業。

 P1100415.jpg
で、治します。
 ネットでしらべるとどうやらリンクのプラ部品が損傷あるいは損耗している様子。
  で、予め部品を手に入れます。
   仕入先はホームセンター。
    水道パッキンを仕入れます。
     サイズは判っていましたが、他にも使えるかと3種類のサイズのあるものを仕入れました。
      180円。


このカバー、初めて外しました。
 プラピンも慎重に外します。

モーター・リンクも外します。



P1100410.jpg
タワーバーは外さずに行えますが落としてしまいそうなネジがありますので慎重に。

P1100411.jpg



P1100412.jpg
プラ板とゴムが摩耗でガタガタになっておりました。
 白いパッキンは摩耗でペラペラ。
  捨てました。

P1100413.jpg
水道パッキンで補修。
本当は大きいもののみ使用予定でしたが試しに小さいパッキン取り付けて
 みるとジャストフィット。
  結果3個使用しました。

で、復旧。
 完璧です。

P1100406_20171015153919819.jpg
ついでにこんな物も取り付けます。
 ラジエーター上の整流板。
  なにか無理やり商品開発した感じのあるモノですが。
   こんなモノが定価で8,000円程度する様です。

こちらはオクにて送料の方が高い感じで仕入れました。

確かにラジエーター上部はデコボコ。

P1100408_20171015153923a9c.jpg
コイツを挟み込みます。


P1100414_201710151539104b8.jpg
こんな感じ。

だから何なの?
 って感じですが。
  まあ、エンジンルームの賑わいアップですな。



この付近は水力発電が盛んです。
 いつも通るたびに近くでみたいなと思ってたパイプ。
  道をそれてみてみます。

P1100416.jpg
これがデカイんですよ。
直径5.0m程度あるんでしょうか。


P1100421.jpg
よくこんなパイプ設置しましたね。


P1100417.jpg
おまけに長いです。


P1100418.jpg
発電所近辺。


P1100419.jpg


category: BHの部屋

CM: 0 TB: 0   

あすはコレをやってしまいます。 

天候が不安ですが。
P1100402.jpg
あまり体感する事もないかもしれませんが。

前回のインタークーラーの洗浄の時にグスグスになってしまっていました
ターボホースをSAMCOに換えてしまいます。
 ながらくしまっておいたもの。
  インタークーラーの設置が結構きつくてトラウマ的になっております。
    
 でもパイプがその時点でグスグスでしたんで、シリコンホースにかえます。

インテイクのホースもノーマルは変な膨れ方しております。
 中間にバンドを付けて対処しましたが、ちょっと変な膨れ方。
  裂けそうなかんじもするのですが。

 で、まとめてシリコンに換えます。

category: BHの部屋

CM: 0 TB: 0   

最近の燃費。 

最近の燃費ですが。

ツルシのECU。
 高速走ると燃費が落ちますな。
  まあ、普通に高速走ってたら燃費はイイのですが。
 ガンガンにイクと落ちます。
  
最近の燃費は10km/L。
  まあ、昔からするとイイ方なんですが。


category: BHの部屋

CM: 0 TB: 0   

三連休3日目。 

連休最終日ですな。
休みの日は経過するのが早いです。
本日はレカロの着座位置を下げます。

 高い金出して仕入れたレカロの純正シートレール。
  しっかりレカロの刻印も通しナンバーもあるのですが問題が一つ。
 
 IMG_4645.jpg
三段階の設定幅のあるレールはいいのですが
 一番高い位置以外はレールが当たって下がらないという事実。
   まさかと思うのですが下がりません。見た感じ。



P1090750.jpg
完全に無理。
 で、最初は一番高い位置にて取り付けしておりました。
  この位置はBHノーマルシートの一番高い位置とほぼ一緒の高さです。
   乗り降りはし易いのですが高すぎます。
    

IMG_4646.jpg
で、下げました。
 左後ろのみ、唯一加工が不要です。
  他は切断。
   高さは勿論一番低い位置。   
    約4cm程度下がります。
     この為にホームセンターで2,700円のサンダー買っちゃいました。
      5枚で450円の鉄用の歯も一緒に。
       これまた何故こんな所にホームセンターがあるのかという感じの  
        秘境にあるホームセンターで仕入れました。

日立のもありましたが頻繁に使うわけではありませんので半分以下のこの価格で決まり。        
  研削砥石の資格はもっていませんが、歯を取り付けます。
 
作業場付近に電源は無いので100V発電機を使用します。
 トイレはある。 水道もある。ダンボールもある。
  しかし電源が無いのがこの作業場の唯一の難点です。        


IMG_4647.jpg
ぶった切ったら錆止めですな。ペンを忘れてましたので蛍光ペンにて紛らわせます。
 座ってみると明らかに低いです。
  今まで見えていたボンネットが見えません。
    膝位置も低くなりますのでハンドルも下げる事が出来ます。
     ハンドル下げるとステアリングトップの位置が近くなるので肩が浮くことがなくなります。

本日久しぶりに暑く。
 汗かきました。
   鉄粉も飛びましたので風呂に入って仕切り直し。

P1100346.jpg
交換後お出かけです。
 高速無料区間を走っていきますがこの状態。
  50km/h以下まで速度が落ちて4速に入れなければなくなる状況。

P1100347.jpg
本日は白山に向かいます。
 2,700m級の山。
  途中までクルマで行けます。
   いつもの川で巨大な石。


P1100349.jpg
100万貫だそうです。
 この辺りはとにかく土石流。
  砂防ダムは数多くありますが、その殆どが埋もれてしまっている上に
   コンクリートが削れて丸くなっているのが特徴です。



P1100359.jpg
昔から砂防ダムを構築していた様です。
  市之瀬堰堤。

P1100354.jpg
写真では小さく見えますが実際は大きいです。

P1100351.jpg
水量も多く、降雨時の悲惨さが判ります。

P1100356.jpg
この付近イワナがいる様ですね。

P1100352.jpg
石積の堰堤。
 迫力があります。

P1100353.jpg


P1100362.jpg
で、登山道駐車場付近。

P1100367.jpg
砂防ダムの連続ですな。

P1100366.jpg
川の埋もれ具合もすごいです。
 とにかくメンテナンスに莫大な費用がかかっている事でしょう。

P1100364.jpg
駐車場。

P1100372.jpg
ココですでに1,200m越え。

P1100381.jpg
登山口まで約10分上ります。

P1100374.jpg
上流

P1100376.jpg
下流

P1100379.jpg
吊り橋を渡ります。
 これが結構な高さ。
  昔の吊り橋は土石流にて流された様で、この新しい吊り橋は足が竦みます。
    すれ違ったおばさんですが、橋の真ん中を通って道を譲ってくれませんでした。
      動きがロボット状態ですので顔を見ると
        もう下を見たくないという状況。
          でこちらが端っこに避けました。

P1100378.jpg
ここから山道。
 自分は半そで荷物無し。
  おまけに現在15:00前ですのでココで引き返します。
   

P1100385.jpg
この辺りは、もう紅葉です。
 

P1100386.jpg
実はバスがココまできておりまして。
  結構な勢いで、急坂急カーブを走っていきます。
    下りの時は気を付けないとヘアピンではバスが進行方向右一杯で進入してきますので
      正面衝突します。

IMG_4654.jpg
ここまでクルマで来れます。
  道はまだありますが、一般車は進入禁止です。
    

P1100369.jpg
頂上付近の現在地から高低差1,500m。
  木がありません。
    岩肌が見えて所々崩れているのが見えます。

P1100368.jpg
眺めは非常に良さそう。


P1100382.jpg
自然の砂防ダムに見える崖もあります。

P1100371.jpg
頂上写真みると、ココは上ってみたくなる山ですな。

P1100363.jpg
今まで山登りはしたことが無いのですが、朝から登り始めればなんとかなる感じ。
 付近にワイワイ居た方を見ると服装・靴・リュックは当たり前ですが両手の杖がポイントですな。
   駐車場から10分の山登りで自分なんか息が切れました。   
    短いと思って一気に登った事と、思いのほか薄い空気。  
     やはりコノ両手の杖があるとかなり楽かなと思いました。

P1100384.jpg
本日のカメラはPanasonic DMC-FZ8。
 オクで3,000円で仕入れたもの。 
  700万画素。
   十分です。
 で、なんといってもこの手のカメラの特徴は広角から望遠までの幅の広さ。
  以前運動会に持ち出した時もコノ望遠が威力を発揮しました。
   大砲みたいなレンズをかかえる他のお父さんに比べ自分は片手。
    シャッターが鈍いのとモニター以外は殆ど役に立たないのが難点です。
     シャッターチャンスにおいては2秒後を予測してシャッター押さないと
      間に合わない感じですがw。

   で、12倍ズームの望遠側432mmで山の上付近を撮りました。
   


P1100393.jpg
下りに付近の川も撮ります。

P1100395.jpg
やはり水が綺麗。

P1100388.jpg


P1100392.jpg


P1100397.jpg
帰ってビールですが、近くのファミマによるとこんなんが。

P1100399.jpg
黒ビールってやつですな。
 見た目コーラ。
   実際はビールです。

category: BHの部屋

CM: 0 TB: 0   

峠道制覇、その2です。 

しかし周囲の景色がイイのですよ。
P1100316.jpg
下る途中のダム付近。


P1100313.jpg
水量の多さと地形から、とにかくこの近辺はダムが多い。


P1100311.jpg
で、水も非常に綺麗。


P1100314.jpg
それぞれの景色が見飽きません。


P1100312.jpg
急斜面の山。
 落石注意の看板と、斜面の網。
  ゴロゴロ音がしてると思ったら落石。
   時間を思うと結構高い所から落ちてきたようです。


P1100315.jpg
道路にその石が飛び散るのですが、その石が結構鋭利な割れ方をしてます。


P1100316.jpg
降雨時には猛烈な水流となるらしくテトラポットが流されて散乱しております。
 壊れたテトラポットも見えます。



P1100321.jpg
本日は大人しいですが降雨時の悲惨さが創造できます。


P1100320.jpg



P1100322.jpg



P1100323.jpg



P1100318.jpg



P1100317.jpg



P1100327.jpg




P1100328.jpg




P1100330.jpg




P1100333.jpg




P1100334.jpg




P1100325.jpg




P1100337.jpg
道が広くなって延々と走るのですが、下山時の渋滞の中にいたバイク集団。
 排気量が小さいのであまり早くありません。
   しかし景色見ながら行くのであればこの程度の排気量の方がバイクはイイのかも
    しれませんな。


IMG_4641.jpg
以前に行ってみたかった、WakWakラーメンで昼飯です。


P1100338.jpg
美濃から白鳥まで高速で一気走り。
  燃費悪くなるな思いながらブースト1.1で加速します。
    白鳥にて白鳥西インターへ向かうのですが今回は他のクルマが居ないので
      メーターのリミッターを確認!
       上り勾配もガンガンに行きます。

P1100339.jpg
途中、対向車のGSX-R1000らしきバイクのいい感じのすれ違い音を聞きます。 

 前の車が詰まってきたので九頭竜湖付近にて一休み。
  


P1100340.jpg
湖畔付近で車を停めて、夫婦で湖畔を眺めている姿を多く見ます。
  いい雰囲気ですな。
    天気もいいし。


P1100341.jpg



P1100342.jpg



P1100345.jpg


本日280.7km走行。
 給油量28.13L。
  いつものJAスタンド少し価格が上がっておりました。
  
 で、9.99km/L。
  高速ですっ飛ばしたのが悪かったでしょうか。

   でも、まあまあの燃費ですな。

category: 写真

CM: 0 TB: 0   

本日峠を制覇します。 

本日峠を制覇します。
能郷白山。

以前、途中でイヤになって引き返した峠道。
国道ですが・・・。
 えらい酷道。
   まあ、この辺りはこんなのが多いのですが。

IMG_4637.jpg
早速突入です。
 燃料だけは満タンにしてきました。



IMG_4638.jpg
前にクルマが1台います。
 対向車対策で前を走ってもらいます。


IMG_4639.jpg
国道が、だんだん酷道になってきました。
 もう道路幅のみならず、沢水からなにから・・・。



P1100290.jpg
ガードレールは除雪時の影響でしょうか。
まとのな物がありません。
 ワイヤー式ガードレールも同様です。


P1100294_20171008181904588.jpg
なんとか山頂に到着。
ちなみにGoogleのストリートビューもココまでは存在します。


P1100291.jpg
景色はいいです。

P1100295_20171008181910205.jpg



P1100296.jpg



P1100297_201710081818162c1.jpg




P1100292.jpg



P1100298.jpg
結構クルマがとまってます。


P1100299.jpg



P1100300.jpg
下ります。


P1100303.jpg
沢が綺麗。


P1100304.jpg
水が青いです。


P1100305.jpg



P1100310.jpg
途中休憩。


P1100309.jpg



P1100308.jpg
しかしこんなのが多いのですよ。
 水量が多くなると通行止め。

しかしこんな道なのですが結構クルマが多いです。
 おまけにチャリで登る人も多い。
  対向車も多いし。
  
 数珠つなぎになって道を譲るおじさんは感心なのですが、ちょうど対向車。
  こっちからのクルマ2台とバイクが約10台。
   やっと離合して下山します。
  
  三連休ですからね。
  こんな山奥の獣道酷道で渋滞します。




category: BHの部屋

CM: 0 TB: 0   

本日、リアストラットバー付けます。 

リアストラットタワーバーです。
ゼロスポーツ製。

最近ゼロスポーツ製が増えております。
 

※写真をクリックすると全体が見えます。
P1100234.jpg
フロントは最初からSTiの物が付いておりましたが、付けても外しても変化なし。

この形状でしたらあまり効果ないのは前々から判っておりましたが。
EURO-Rの純正タワーバーの方が効果あるんじゃないでしょうか。




P1100238.jpg
荷台の内装を取り外します。
内張りスペアタイヤの収納庫も外します。


P1100241.jpg
こんな感じ。
 いつものダム湖畔にて作業。
   作業後、即インプレです。


P1100240.jpg
純正ネジを外して。


P1100236.jpg
タワーバー端部。


P1100242.jpg
付けちゃいます。
 特別難しい事はありません。


P1100244.jpg
ゼロスポーツロゴがありますが見えなくなります。


P1100246.jpg
こんな感じ。
 クスコ製はもう一段上につきますんで、最終的に見える感じになりますが、こちらは見えなくなる
  タイプです。


P1100248.jpg
内張りの緩衝材が邪魔になりますんで切っちゃいます。
 で、取り付けるとまだ当たってる。
   内張り固定のピンが飛んじゃいます。


P1100249.jpg
更に内張り撤去。


P1100250.jpg
無事作業終了後、昼飯です。
 いつもの近くのスーパーのカツ丼。
  今日は安売りが出ていたらしく、えらいクルマの数。
   スーパーの中もすごい人。
    レジも大混雑。
     カツ丼買うのに時間かかりました。





P1100252.jpg
飯食った後はインテイクです。
 ゼロスポーツの吸気インテイク。
  効果の程は?でしょうけど。
   見栄えが良くなります。
    コレ重視。





P1100253.jpg
ステンの筒状です。



P1100254.jpg
ノーマル。
 この蛇腹が吸気効率を妨げるとのふれこみ。
   蛇腹なくしたら取り付けが困難になるとは思いますが。
    



P1100255.jpg
取り付け途中にイキナリ雨。
  一時撤収します。
    こういう時、ワゴンは便利です。 
      まあ、これで落ちたボディー剛性をストラットバーで補うのですが。

P1100257.jpg
取り付け完了。
 エアフロセンサーソケット抜きますンでバッテリーマイナス端子外しました。
   確かに見栄えは良い。

 アクセワイヤーをインテイクの下を通しておいた方が良かったかな
  とは思いましたが、まあ様子を見ましょう。




P1100261.jpg
雨は上がった様です。

 

P1100262.jpg
バッテリー外しましたんでECUのアイドリング学習から始めます。



P1100260.jpg
アイドリングしながら周囲を眺めてるとマフラー横に何かあります。
 見てみると、なんとこんな感じ!
  エーコープで肉買った後、出るときに少しマフラー擦った感じがしたのですが
   その時のショックでこんな感じになってしまったのでしょうか。
     なんとも残念。
      ステン溶接なんかできないし。
     気のせいかドロドロ音が増した感じがしたのですが、コレの影響でしょうか。

  
 違うの買った方が安いかもですな。  


インプレですが。
フロントの時は付けても付けなくても、何も変わらなかったのですがリアは結構は変化があります。
 何か曲がりやすくなりました。
  グリップがアップした感じ。
   昔、ブリジストンのRE71てタイヤを履いた時の様な・・・。
     何故こんなにリアが滑るのかという感じ。
      実はリアが滑るのではなく、フロントの旋回性が増している事。
        こんなに変わるもんなんですな。
     
   ワゴンの足回り交換する時にリアのバネレートが高い設定のメーカーもあります。
    なんでかなとは思っていましたがセダンと比較して、ワゴンはリアの重量等バランスが
    違う事がみてとれます。 
     ツッパリ棒、これだけで結構変わるものですな。
  
P1100263.jpg
雲川ダムです。
 古いアーチ式ダム。



P1100285.jpg
以前、近くで見ようと近寄ったら野生の猿集団がいて
 近くに寄れませんでした。
 


P1100270.jpg
本日は居ない模様。


P1100275.jpg
凄いですな。
 古い上にアーチ式。

 


P1100274.jpg
フト後ろを見ると、サルは居ないのですがスズメ蜂が・・・。
 さっさと写真撮って逃げます。


P1100271.jpg
このダムは堤体中間から吐き出される排水口がありません。
 


P1100276.jpg
何か横穴から出ております。
 しかし凄いですなこの古さは。

category: BHの部屋

CM: 0 TB: 0   

不思議な所です。 

不思議な所ですな。
富山博物館曼茶羅遊苑

立山に行った帰りに以前見逃したココに行ってみます。
駐車場にクルマは一台も無く自分だけ。

トボトボと歩いて入り口に行きます。
なにやら、不思議な叫び声が入り口まで響いています。

曼茶羅遊苑だそうですが、何か不思議。
自分の後に何人か来てるみたい。
最初の地獄だけ見て帰ろうとしたら入り口の
おばさんに、向こうに天界がありますよと
教えてもらいました。

何か地獄も不思議なのですが、天界はもっと不思議。
何やら不思議だらけで暗い所を見て、角を曲がると
案内のおばさんにが現れてビックリ。
あの雰囲気では、やはりビックリしますよ。

色々案内して貰って、気分は何か洗脳された感じ。

ガラス張りの床の部屋では、あみの上に上がっても
イイですよとの言葉。
ココは二階で、下には家族連れが木琴叩いてる。
家族の真上で網に乗る気もないので、出ました。

最後のダメ押しの暗闇。
自分が歩いた後に近づいてくる砂利の足音。

何だかんだで、一時間経ってました。
もう、充分満足。

400円で、精神的にお腹いっぱいにさせてくれる
公共施設なんて初めてでした。

もう、お腹いっぱい。

category: 不思議な物

CM: 0 TB: 0   

本日はあてもなく行きます。 

本日はあてもなく行ってみます。
Google地図にて載っていない範囲へ。
 地図でみると山越えはできない感じ。
   でも行ってみます。
 P1100195.jpg
どんどん山の中へ。
 何があるのか行き止まりか。
  しかし周囲を見渡すと、そんな事どうでもイイ感じになる景色です。

P1100196.jpg
途中の水飲み場。
 「野獣が荒らすのでゴミ捨てないで」の看板。
  野獣ですか。
  



P1100198.jpg
川も綺麗なのですよ。

P1100200.jpg
ずっと見ていたくなる景色です。

P1100201.jpg


P1100203.jpg

天然記念物、イチョウの木だそうです。
樹齢600年。
 これが実物はスゲエデカイ。



P1100205.jpg



P1100206.jpg



P1100207.jpg
途中道が細くなってから引き返すクルマもいましたが

P1100211.jpg
どんどん上ります。


P1100213.jpg
なんとも凄い景色。


P1100214.jpg
この景色だけで感動ですな。
 しかし、この付近は見るに不足しない景色ばかり。


P1100209.jpg



P1100208.jpg



P1100212.jpg
この付近は昔は海と同じ高さだったのかもしれません。




P1100216.jpg
冠山頂上付近。

P1100218.jpg


P1100217.jpg
この天辺が頂上です。
 すごい雰囲気。
   尾根の天辺という感じです。
    風が尾根を越えて流れております。

P1100215.jpg
結構クルマが停まっております。
 みなさん、頂上へ行ってるっぽいですな。

向かいの滋賀県へ降ります。
 元来た道を帰る勇気も気持ちもありませんので、高速で帰ります。
   イイ道を飛ばしてふもとまでおります。
      で、なんとなく検索するとなんとナフコが近くにあるではないですか。
        久しぶりのナフコでファストロンゴールドの4Lを2缶買って帰ります。
          すぐ近くにあったイエローハットにてエーモンのソケットを仕入れます。


久しぶりの高速。
 ですがインター上る時から覆面パトです。
  本日は結構多い。
    メーター文字の無い所を試そうにも、大杉です。
     文字端部までしか試せませんでした。
 
 しかしこの近辺は高速でも路面状態が悪いです。
 コーナーもキツイのですが、やはり足回りの不満が出ます。  
  根本的にふんばり不足。
    車高調を入れたいのですが高いし。
      車高下げるとエーコープの出入りが難しくなるし。

 色々問題を抱えます。


P1100220.jpg
帰ってからオイル交換。
  もう5000キロ超えてますので。
    エーモンのソケットは「クラッチ踏まないとエンジンかからない」対策に使用します。
     
 4輪ともブロックに乗り上げようとしたら結構な抵抗。
  クラッチ焦げる感じがしましたので前輪のみにします。
    BHはオイルフィルター部」に結構オイルが残ってて、上抜きでは1L近くオイルが残りますので
      下抜きにて。
        暗くなったらマズイので先にソケット付けます。
 
  やり方は簡単、エーモンの1122ソケットを5cm程度の線を使って短絡させる様にして
    クラッチ近くにあるソケットにかますだけ。
      メス側を使用しますんので残ったオス側は端子付けずにソケットへメクラ代わりに
       取り付けます。

イグニッションオン。
  これでクラッチ踏まなくてもエンジンかかります。


 

category: BHの部屋

CM: 0 TB: 0